もふもふもんすたー

わんこライフを満喫しようぜぃ!

カラス

散歩コースにあるゴミの集積場。




頭のいいカラスがネットを持ち上げてゴミを漁る。





そこに通りかかると当然飛んで頭上にある電線に逃げる。





おバカなキミさんは空に向かって吠える。






吠える。





更に飛び上がって吠える。





カラスのほうが上手だな。





雪の散歩

この時期になると雪が降っても少し積もるだけで昼前には消えてしまう。



それでもこの女は、あ、失礼、このキミさんは積もった雪にご機嫌。(^m^)







元気だねぇ。



そしていつものように・・・・・・・・・・・・・








ここから先は、閲覧注意!!!

















お食事中の人、ごめんなしゃいっ!
















なばなの里

まだ暗いうちに家を出て鈴鹿で感謝デーを満喫し終え、



さらに30数キロ離れた桑名市へと強硬スケぢゅうぅぅぅ~る。





入場料2,300円と少々お高いものの、1,000円分のチケット付き。



園内にある飲食店で食事もさせようという魂胆である。



商魂たくましいなぁ。



とにかく画像を撮りまくったので動画とスライドショーでご覧あれ。



ちなみに、川の側にある堤防を走るときは園側にはガードレールがないので



ご注意を。よそ見すると落ちますよ。
















2017 モータースポーツファン感謝デー in 鈴鹿

3月4日(土)早朝から車を走らせ、目指すは三重県にある鈴鹿サーキット。


東海北陸道の中間にある山の中では最低気温マイナス14℃を表示、寒ぅ~。


渋滞に合いながらも無事到着して一安心、鈴鹿サーキットに来たのは何年振りだろうか?


F1のレースで、フェラーリのキミ・ライコネンが17番手スタートからどんどん抜いて


ファイナルラップでトップに立ちそのまま優勝したときは興奮したなぁ。


詳しくは ↓ からどうぞ。


http://motorz.jp/car/14912/



さてさて、たくさんのファンが行きかう中スタンドの真ん前が開いていたので


適当にここでいいか、と座って開会式を待つ。



すると目の前にぞろぞろと有名なクルマとバイクのレーサー達が目の前に並び始めたよ。


中嶋 悟(元F1レーサー) 星野 一義(星野インパル監督) 高橋 国光 北野 元


ドリキン・土屋 圭市 鈴木 亜久里(ARTA:オートバックス レーシング チーム アグリ)


ミカ・ハッキネン(元F1チャンピオン) ジャン・アレジ親子 現役レーサーなどなど、


すんごい顔ぶれだぁ。





レースの雰囲気は動画でどうぞ。




2017 鈴鹿サーキット モータースポーツファン感謝デー GT500




迫力は動画では味わえないし伝わらないなぁ。



親子対決やライバル対決などのレースを楽しんだ後は、パドック・ピット前を


歩いて各チームのマシンや過去の優勝したバイクなどを見た。


HONDA NSX SAFETY CAR かっこいいねぇ。



レース場の外ではメーカーやチームのオフィシャルグッズを販売しているテントが


たくさん並んでおり、その中にホンダのシビック TYPE R 発見!!!



プロトタイプと表示はされているけど、ほぼこのまんま今年販売されるんだよねぇ。涎




そしてつい先日入港したばかりというHONDA NSX、光に当たった赤が綺麗だよぉ。





いろいろ撮りまくった画像のスライドショーもどうぞ。





でもね、実際の迫力は動画や画像ではぜんぜん伝わらないので、来年の感謝デーには


ぜひ、行ってみてください。


入場無料、駐車料金1,000円です。



そしてイベントが終了してから次の場所へと向かうのであった。




     次回 予告



いざ『なばなの里 イルミネーション』へ Let's Go!