もふもふもんすたー

わんこと釣りが生きがいの気ままなブログでぃっす!

真鯛釣行 三国モンスターげっと!

16日 福井は三国港から真鯛狙いで出船


いつも行く釣具店主催の真鯛釣り大会の予選で、遊漁船『海祐丸』と『JERK』に
それぞれ6人と7人が乗船し、各船2位までが10月の決勝大会へ進める。
ルールは、指定されたメタルジグを使い釣った真鯛2枚の合計寸法で順位が決まる。


いつも一緒に釣りをするSさんと同乗し、早めに1枚キープしたいねとか、最初は
どんなジグで勝負する?とか期待に小さな胸を膨らませながら福井の三国港へ向けて
北陸自動車道を快適に走らせた。


船の抽選は事前に決まっており、わしは去年もお世話になった海祐丸さんに乗り込み、
みんなでいろんな作戦をたてながら釣り場へ向かった。
強い南風の天気予報だったがまだ弱く吹いていて波も穏やかな状況で7:30スタート


第1投目 ジグが着底してからリールを巻き巻きして魚を誘いある程度巻いたら
また底まで落とすを繰り返していると、コツコツとした当たりが手元に伝わってきた。
リールを巻くと重いだけ、明らかに真鯛ではない引きで上がってきたのはマフグ。


しばらく巻き巻きを繰り返すも当たりがなく、JERKチームも同じ状況らしい。
昨日まで好調に釣れていたのに今日はベイト(エサとなる魚)の反応がないようで
船長さんが魚探で探しながら移動してくれる。


何か所か移動しているうちに風も強くなってきたが、ようやくガツガツッっとした
当たりがキターーーーーーーー!
リールからジリジリっと糸が引き出されたり巻いたりを繰り返しながら浮いてきたのは
70cmの本命真鯛!!


とりあえず1枚キープしたのでめっちゃ気分が楽になった。
この頃からみんなにも当たりが出始め釣果も増えていく。
ほどなく当たりがあり長い時間やりとりをして浮いてきたのは三国で釣った去年までの
最高寸法同じ79cm真鯛!!2枚のノルマ達成、やったぜぃ!!
あとはサイズをアップしていけばいい。


黒いデコっぱちのオス、ちなみにメスは色も形も綺麗。


ここから全く当りもない沈黙の時間が続き、再度魚の活性が高くなったのは13時過ぎ。
いままで全く当りすらなかった乗船者にも魚が釣れだしてみんなの活性も上がる。
わしにも久しぶりに当たりがあり竿やリールに伝わる手応えから大物と確信。
かなり長い時間やりとりして浮いてきたのがなんと


86cmの真鯛!!!

海祐丸さんより拝借   http://kaiyu-maru.com/  これも綺麗なメスだね。


いつの日かから三国では80cmを超える真鯛を三国モンスター
90cmを超える真鯛は三国魔王といわれるという、


三国モンスター 獲ったーーー!!


その後もみんな順調に釣果が上がり、わしも3連続バラシからもう1枚追加したいと
思っていたらようやくガツッっと当たりがきて強い引きが伝わってきた。
何かが違う、この引きはどうも大型のブリのようだ。
かなり長い時間を費やして腕がパンパン、指がつって痛いのを我慢しながら巻くと
浮いてきたのが89cmの丸々太ったブリ、疲れた~。


ここでJERKチームでは90cmが出たという情報が入る。
誰だろうとみんなが思いながらもついつい気合が入って竿をリールを握る手に
力が入るが、この後はぱったりと当たりが遠のき17:00に終了


三国港に帰着後、JERKチームに合流すると、、、
なんと90cm三国魔王を釣ったのはSさんであった、すげぇぇぇ。
わしとSさんが各船予選1位で通過、2位までの4人と30日の予選勝ち抜き4人の合計8人は
10月の本戦決勝へ行くぜぃっ!!!



帰ってきてご飯を食べてひと眠りした後、深夜こっそりとでっかい魚たちを捌いた。


するとパンパンに張ったお腹を捌くと胃の中から出てくる出てくる、食べたベイトの
アジ9匹とスルメイカ?が小さいホタルイカサイズを含めて14杯も。



これだけ食べてもまだ15cmもあるジグを捕食しようというのだからブリって本当に
悪食だよね。
ちなみに真鯛の胃の中はほぼ空っぽでした。



17日 わんこの朝食
画像はないけど海鮮真鯛丼でした、いつものようにあっちゅう間の完食!!!











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。